ホーム>FAPRA|ボランティア民泊加盟申請

FAPRA|ボランティア民泊加盟申請

禁煙推進活動・賛助会員の申込み

ボランティア民泊加盟申請


SDGs × 禁煙推進活動「ボランティア民泊」
 


 

SDGsとは2018323211053.jpg

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国際サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、発展途上国のみならず、先進国自身も取り組む2016年から2030年までの国際目標です。


 

201832718418.jpg


「持続可能な開発目標(SDGs)」については国連開発計画(UNDP)のページへ[別窓]


 

事業を通じたSDGsへの貢献

SDGs2016の進捗報告・概要[別窓]


FAPRAは禁煙推進ボランティア活動を通じて、訪日外国人と賛助会員の協力をもと、新たな経済的・社会的価値を生み出し、グローバルな視点で「紙巻たばこ」が取り巻いている国際社会に変革をもたらすことで、日本国内の受動喫煙の解決はもとより、わが国の喫煙習慣の転換を目指しています。
 

 

201832402349.png 201832402356.png 20183240241.png 20183240248.png


 

電子タバコCHANGE運動
ボランティア民泊|VOLUNTEER MINPAKU.


「紙巻きたばこから電子タバコへと日本人の喫煙習慣転換をしたい」との想いから生まれたのが「電子タバコCHANGE運動ボランティア民泊」です。

賛助会員が実行するボランティア民泊は、民泊仲介サイトを通じて訪日予定の外国人に禁煙推進のスポンサー(後援者)になってもらいます。禁煙推進活動に賛同された訪日予定の外国人のみ、賛助会員のボランティア活動拠点(通称:ロッジ)を無償提供して頂きます。



2018324131458.jpg

 

 



賛助会員の条件
 


201832723836.jpg


【賛助会費】
■ 会費:年会費12,960円
■ 寄附:1ロッジごとに毎月30,000円


【賛助会員の責務】
賛助会員はFAPRA本部に「毎月1ロッジ3万円の寄附」をして頂きます。

それ以外の寄附残金に関しては、SDGs達成のためのボランティア活動の継続費用として適切に処理して下さい。本部が寄附残金に関して問い合わすことはありません。


【寄附返礼品の常備】
本部から毎月送られてくる「使い捨て電子タバコ」は、ボランティア拠点(通称:ロッジ)に常備し、寄附をして頂いた訪日外国人が宿泊時には「寄附返礼品」としてお渡し下さい。


【年会費と寄附金の使い道】
FAPRA本部は賛助会員からの年会費と寄附金により、「使い捨て電子タバコ」の開発・生産、そして国内普及に努めることで禁煙推進活動を行います。


【会員特権】
365日「民泊」を有効活用した禁煙推進活動が可能です。
 

 

ボランティア民泊会員インタビュー

2017226145043.jpg

[ボランティア民泊活動されているぼんぼんさん、マダムA子さんへのインタビュー]
聞き手は当法人禁煙推進事業部調査課課長と主任の2名

 

201722417586.jpg

2017226144622.jpg


 

ボランティア会員インタビューページへ

 

 

よくあるお問い合わせ

● 寄附活動にご活用される場合によく寄せられるお問い合わせ(抜粋)


Q.ボランティア民泊の寄附金の使用用途は?

A.ご回答
賛助会員はFAPRA本部に「毎月1ロッジ3万円の寄附」をして頂きます。それ以外の寄附残金に関しては「SDGs達成のためのボランティア活動の継続費用」、もしくは「他ボランティアの活動資金」として適切に処理して下さい。



Q.本当に遵法なの? 正当な法的根拠は?

A.ご回答
行政担当者等に再度確認しましたところ「禁煙推進活動のための訪日外国人からの寄附金は、宿泊費の対価にあたらない。
従って寄附金を募るため、民泊を有効活用したFAPRAの禁煙推進活動はボランティア活動のため、旅館業法違反ではない。行政としてもボランティア活動への介入は、憲法違反にあたるため介入しない」との言質を得ています。


 

Q.具体的にどうすればよいの?

A.ご回答
禁煙推進活動の詳細に関しては、賛助会員のインタビューページ、もしくはよくあるお問い合わせにてご確認下さい。



 



2017425161744.jpg

ボランティア民泊及びボランティア民泊100の加盟申請をする

 

 


TOPページへ

ページ上部へ