ホーム>FAPRA|事業案内

FAPRA|事業案内

FAPRA事業内容

公益を目的とする事業
 

非営利型法人


2017424221637.jpg

FAPRAは「民間資本による社会的公益を事業目的」とする非営利法人であり、同時に事業実践型の社会起業家育成機関です。

 [弊社は法人税法上の公益法人等]
主たる事業が公益目的事業のため、非営利型一般社団法人である当法人は「法人税法上の公益法人等」に属し、法人税納税も公益法人基準に準じます。
 
 

 

主たる事業

 

事業を通じたSDGsへの貢献

SDGs2016の進捗報告・概要[別窓]


FAPRAは禁煙推進ボランティア活動を通じて、訪日外国人と賛助会員の協力をもと、新たな経済的・社会的価値を生み出し、グローバルな視点で「紙巻たばこ」が取り巻いている国際社会に変革をもたらすことで、日本国内の受動喫煙の解決はもとより、わが国の喫煙習慣の転換を目指しています。


 

201832718418.jpg


「持続可能な開発目標(SDGs)」については国連開発計画(UNDP)のページへ[別窓]


SDGsとは2018323211053.jpg

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国際サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、発展途上国のみならず、先進国自身も取り組む2016年から2030年までの国際目標です。

以下、FAPRAでは2つのSDGs達成のための民間公益活動を行っています。

 

NO.1

電子タバコCHANGE運動
ボランティア民泊|VOLUNTEER MINPAKU.


2016年に「紙巻きたばこから電子タバコへと日本人の喫煙習慣転換をしたい」との想いから生まれたのが「電子タバコCHANGE運動ボランティア民泊」です。私たちの活動は「すべての人に健康と福祉を」「産業と技術革新の基盤をつくろう」「つくる責任つかう責任」「パートナーシップで目標を達成しよう」を共有しています。

FAPRAは禁煙推進ボランティア活動を通じて、訪日外国人と賛助会員の協力をもと、新たな経済的・社会的価値を生み出し、グローバルな視点で「紙巻たばこ」が取り巻いている国際社会に変革をもたらすことで、日本国内の受動喫煙の解決はもとより、わが国の喫煙習慣の転換を目指しています。

 

201832402349.png 201832402356.png 20183240241.png 20183240248.png


紙巻きたばこ → 電子タバコCHANGE運動ボランティア民泊のページへ

 

 

NO.2

シングルマザーレジリエンス運動
マザーズHELPs|MOTHER's HELPs


マザーズHELPsとは「貧困の連鎖」を止めるため、シングルマザーが正当に働ける労働の場を提供することです。私たちの活動は「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」「パートナーシップで目標を達成しよう」を共有しています。

通常、利益追求企業ではシングルマザーであっても「事業の即戦力」を重視しての採用が行われますが、私たちFAPRAの事業そのものが「子どもに相対的貧困を連鎖させない」というSDGs達成のための民間公益活動であることから、貧困にあえぐシングルマザーに手を差し伸べることが業務といえます。

 

201832413146.png 201832413153.png 20183241320.png 20183240248.png


マザーズHELPsは貧困の連鎖を断ち切るためのSDGs活動ページへ

 

事業理念



「公を助けて公に頼らない」新しい社会貢献
(私たちはNO補助金、民間主体の社会貢献を推進)

 

 

事業指針



「小さく始めて、大きく育てる」


私たちFAPRAは、目の前の「課題」において、小さくても必ず「成果」をだすことで、地域社会が直面する課題の解決方法を提示致します。従いまして私たちが導きだした解決方法の採用・不採用はクライアントに委ねます。
 

 

ソーシャルビジネス7原則

  • 1.経営目的は、利潤の最大化ではなく、人々や社会を脅かす貧困・健康・情報アクセス・環境等の問題解決
  • 2.財務的・経済的な持続可能性の事業並びに経営を実現
  • 3.投資家は投資額のみを回収、元本を上回る配当は還元不可
  • 4.投資額以上に生じた利益はソーシャル・ビジネスの普及と事業改善・拡大に使用
  • 5.地球環境・社会環境・生活環境・他事業環境への配慮
  • 6.従業員に市場賃金と標準以上の労働条件を提供
  • 7.楽しみながら事業を行う

     

オープンデータ各事業


FAPRA事業
美術資産の価値証明に関するオープンデータ事業

  • 一般競売による落札価格のオープンデータ登録業務
  • データ登録に基づく「落札価格証明書(通称:FAPRA証明書)」の発行業務
  • 消費者保護のための流通価格の公的保証「流通価格証明書」の発行業務
  • FAPRA所蔵美術資産の競売業務

ACTA事業
偽造品及び不正品の流通監視に関するオープンデータ事業

  • 知的財産権を有する製品のオープンデータ登録業務
  • データ登録に基づく「知的財産製品証明書(通称:ACTA証明書)」の発行業務
  • 並行輸入品や中古品を主とした消費者保護のための「古物営業法に基づく消費者保護のための古物真正品証明書(通称:真正品証明書)」の発行業務

KIMBERLEY事業
不正品位のダイヤモンド流通防止に関するオープンデータ事業

  • ダイヤモンドの公的認証のオープンデータ登録業務
  • データ登録に基づくダイヤモンドの公的認証業務
  • メレダイヤモンドの鑑定業務

[禁煙推進事業]
SDGs達成のための禁煙推進活動及びマザーズHELPs事業

  • 禁煙推進活動のための寄附活動(ボランティア民泊)
  • 電子タバコ(医薬品)の開発・製造・卸業務
  • 電子タバコ(医薬品)の普及啓蒙活動
  • 貧困層のシングルマザーの雇用業務(マザーズHELPs運動)

     

法人概要

名称 一般社団法人FAPRA
本部所在地 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル23階
電話番号 06-6948-5705(代表)
設立日 平成25年3月1日
代表理事 池添公士(一般社団法人FAPRA 専務理事兼任)
事業目的 社会が抱える諸問題を解決するためのコミュニティの構築と提供
事業内容 オープンデータバンクの開発・運営・保守
事業根拠法

FAPRA事業
文化財の不法な輸入、輸出及び所有権譲渡の禁止及び防止の手段に関する条約
盗取された又は不法に輸出された文化財に関する条約
文化財の不法な輸出入等の規制等に関する法律

ACTA事業
国際連合目標「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」
包括的および先進的な環太平洋連携協定(CPTPP)
偽造品の取引の防止に関する協定
組織的犯罪処罰法
知的財産基本法

KIMBERLEY事業
キンバリープロセス認証制度

[禁煙推進事業]
国際連合目標「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」
タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約
健康増進法

共通関係法 組織犯罪処罰法、古物営業法、消費者基本法、不正競争防止法 等
行動規範 主要7カ国首脳会議オープンデータ憲章
法律顧問 弁護士法人ベリーベスト法律事務所



 

業務及び財務等に関する資料

GET ADOBE READERこのサービスをご利用になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 


TOPページへ

ページ上部へ