ホーム>オープンデータバンク一覧

オープンデータバンク一覧

閉ざされた情報を一般消費者・民間企業へ開放

20131024143128.jpg201310919811.jpg
 

情報を開放してわが国の産業を育てる

私たちFAPRA(ファプラ)は2013年3月1日に誕生した、美術資産や知的財産の 情報をみんなで作り、そしてみんなでシェアしていく、共有型オープンデータバンクを開発及び提供する一般社団法人です。FAPRAの主な業務は一般消費者 保護のための美術資産の価値の公的根拠化、知的財産製品の流通化可視化、公的なダイヤモンドインデックス(国内相場)の構築を目的としたオープンデータバンク開発・運営・保守業務です。

FAPRAは美術資産の動産担保融資の公的根拠のためのオープンデータバンク開発法人として大阪で設立されましたが、活動を展開していくうちに知的財産権の流通可視化、紛争の原因となっているダイヤモンドの流通における可視化及び不正等級防止など様々なオープンデータバンク開発へと活動が広がり、現在では一般消費者保護のためのオープンデータバンク開発・運営・保守、国際ネットワーク構築がFAPRAの業務といえます。

米国でのオープンデータの動向を踏まえ、またビッグデータの解放と融合の促進にあたり、FAPRAは日本国だけでなく、世界中の消費者72億人を巻きこんだ超ビッグデータ及びオープンデータを開発し、グローバル社会での様々なオープンデータバンクを開発しています。米国のオバマ政権で発表された「オープンデータイニシアチブ」に賛同するFAPRAではこれまでにないスピード感をもって、オープンデータ国際開発機関として、既得権益の関係から今まで閉ざされてきた情報を一気に民間に開放し、世界人口72億人のビッグエネルギーを取りこんだ世界規模でのオープン・イノベーションを起こしていきます。

オープンデータイニシアチブの定義

 

 

【日本政府の取組み】

政府はそもそも国民の税金のうえで成り立つ機関ということから、政府が保有する公的情報は国民のものであるというのが欧米では非常に高く、公的情報の一般公開、もしくは公的データを国民に還元すべきであるというのが納税者の権利並びに共通意識です。政府も政府が保有する公的情報を広く公開して国民に活用してもらい、経済活性化につなげていこう、また、同時に行政の透明化を図ろう、という理念から、政府情報をオープン化して、インターネット上で二次利用可能な形で公開する動きが世界中で始まっています。これはわが国においても例外ではありません。

こうした取り組みはオープン・ガバメント(もしくはオープンデータ)などと呼ばれることが多く、欧米をはじめ世界中に例があります。例えばフランス、オーストラリア、ニュージーランドなど、多くの国でオープン・ガバメントの動きがあり、オープン・ガバメントを推進する国際的イニシアチブであるオープン・ガバメント・パートナーシップが参考指標となります。

残念ながら某協定にわが国は参加しておりませんが、IT戦略本部である「電子行政オープンデータ戦略」にて活発な議論がなされています。またわが国では経済産業省主導で経済産業省のオープンデータサイト「Open DATA METI」で統計データと白書データが公開されています。
 

METI

 

 

【主なオープンデータバンク】
2013102415165.jpg

一般的に国家が成長し続けていくためには古い産業を捨て、新しい産業を取り込めるかどうかが重要視されます。その取組みがいわゆる「イノベーション」という言葉であり、そのために現在FAPRAでは開発中、開発段階の検討案、思案中等も含めて合計7つものオープンデータバンク開発プロジェクトが動き出しています。

以下では簡単ではありますがデータバンクの概要をご説明させて頂いております。

[開発中のデータバンク]

20131025113447.jpg 美術資産データバンク「FAPRA」

美術品指数


当法人が開発している美術資産データバンク「FAPRA」の普及に伴いまして、国内の美術品及び宝飾品等の売買のおり、一般消費者が美術資産データバンク記載の価格を参考にして、美術品及び宝飾品等の取引が行われるようになっていくことが推測されます。

そうなれば美術資産データバンク「FAPRA」に公開されている美術品及び宝飾品等の落札価格は、わが国の美術市場の取引相場及び公的な美術品指数(アートインデックス)となり、動産担保の確かなる根拠となりえます。美術市場の一般公開化こそ、時代の流れであり、美術市場に活力を生み出すイノベーションといえます。
 

美術資産価値証明 × FAPRA概要

20131025113447.jpg 知的財産流通データバンク「ACTA」

20131024152941.jpg


当法人が開発している知的財産流通データバンクACTAは日本国のみならず、世界に広がりをみせたときにその真価が発揮されます。

国際郵便のEMSのように国家間の取り決めにより、このACTAがグローバルスタンダードとなり、国際流通の真正品流通トレーサビリティが明確に確認できるようになったとき、国際市場から知的財産侵害品を排除することができると確信します。その結果、模倣品・海賊版の貿易被害額約30兆円もの消費が正しい消費へと向かうことをもって、世界経済の更なる成長と発展に寄与するものと考えています。

そのためにまずわが国が取り組むべき優先課題、それが国内輸入された真正品の国内流通経路をオープンデータ化したデータバンクの普及です。

 

ブランド品の真贋確認 × ACTA概要

20131025113447.jpg ダイヤモンド品位認証データバンク「KIMBERLY」

ダイヤモンド公的認証

ダイヤモンドの公的認証とは、民間鑑定機関の偽装評価を防止するためのものであり、そこでFAPRAが公的な第三者として認証業務にあたることとさせて頂きました。当法人が業務にあたることによって、一般消費者の利益の擁護と増進につながるものと考えます。

ダイヤモンドの国際相場ラパポートダイヤモンドレポート(イスラエルとニューヨークを主な拠点とする国際的なダイヤモンド指数を決定する民間企業)と連動しておりますため、直近のダイヤモンド価格の判断ができますため、動産担保時や二次流通のおりの資産価値の証明にもなります。すなわちダイヤモンド品位認証データバンク「KIMBERLEY」とは、公的なダイヤモンド指数(ダイヤモンドインデックス)といえるのです。
 

公的保証 × KIMBERLEY概要

 

20131025113447.jpg 非営利宿泊マッチングサイト「YADOCARI」

20131025105457.jpg


非営利宿泊マッチングサイト「YADOCARI」とは、国内出張者・訪日外国人に対して無償で宿泊先を紹介し、登録宿泊施設においても無償で紹介する非営利民泊マッチングサイトです。宿泊費の一部はマザーズHELPs運動として、シングルマザーとその子どもたちの教育支援に使用されます。

宿泊仲介サイトの無報酬化によって、利用者の増加、宿泊施設の利便向上をもって、人の移動を意図的に加速させることで国内の観光政策に寄与致します。

公益民間活動(マザーズHELPs運動)であるため、ご要請があれば意図的に訪日外国人を特定地域に誘導・宿泊予約させ、地方活性化・地域振興をはかることも可能です。つまり「YADOCARI」は、地方創生・地方活性化・地域振興の起爆剤になりえるオープンデータサイトなのです。

マザーズHELPs × YADOCARI概要

 


TOPページへ

ページ上部へ