ホーム>ボランティア民泊×iRIS概要

ボランティア民泊×iRIS概要

ボランティア民泊×iRIS概要

2017216121250.jpg


禁煙推進事業のボランティア活動概要
 


 

生労働省が2016年8月にまとめた「たばこ白書」では、日本の対策は先進国では最低レベルとなっています。世界保健機関(以下、WHOと称する)の報告によると、世界では毎年60万人が受動喫煙により死亡。国内においては毎年1万5000人が死亡していると推定されており、白書では、公共の場所をすべて禁煙とし、喫煙室の設置についても清掃や管理を担当する労働者の健康問題という観点から、設置を認めるべきではないとかなり踏み込んだ見解を示しています。

国際的に見た場合、これはかなり現実を考慮した内容ですが、「小規模店舗の負担」が大きく、小規模店舗の中には経済的に余力がなく、喫煙室の設置が現実的に難しいというところが少なくありません。一方、こうした店舗の中には完全禁煙にしてしまうと客足が減ってしまうところがあり、禁煙にすることもできないという事情もあります。

そこで私たちはその問題を解決する手段として、次世代型電子タバコ「iRIS」の普及活動を推進しています。
 


2013101715550.jpg

「賛助会員のご案内」(PDFデータ:2.30MB)

 

GET ADOBE READERこのサービスをご利用になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 

2017319102331.jpg

事業部及び事業名称 会員区分 1口の料金 入会基準
[禁煙推進事業部]
iRIS普及 禁煙推進事業
正会員 4,000円 IOCのスローガン「たばこのない五輪」賛同者であり、電子タバコiRISの普及活動に賛同・協賛できる法人・個人とする。
賛助会員 4,000円


※上記は月会費、納入は3カ月一括納金となっています。

 

正会員の定義

[対象者]
喫煙者・喫煙関係者・禁煙関係者・医療従事者(禁煙外来含む)が対象となります。

[活動内容]
iRISシェアリング(紙巻きたばこから電子タバコへの喫煙習慣の転換活動)

iRIS会員の皆様には、喫煙時に電子タバコiRISと専用リキッドを使用・喫煙時に推進して頂きます。


[会費内訳]
iRISシェアリング事務手数料1,000円、電子タバコiRIS専用リキッド1箱1,000円×3箱
2017221080.jpg
[入会特典]
ご入会時にiRISを1セット弊社負担にてプレゼントさせて頂きます。

[会員特典]

iRIS用リキッドの割引制度

ノンタール・ノンニコチンのiRISリキッド、10mlリキッド・15mlリキッドが卸価格で購入可能。
 

 

201721895558.jpg 20172180850.jpg

20172172341.jpg


 


 

201721617740.jpg

[対象者]
民泊・宿泊・地域振興関係者が対象となります。

[活動内容]
ボランティアシェアリング(iRISと宿泊の無償提供)
電子タバコ「iRIS」普及活動・禁煙推進活動のため、寄付を収益とする「ボランティア民泊」施設運営。

[会費内訳]
ボランティア民泊認定手数料1,000円、電子タバコiRIS 1セット1,000円×3セット
2017221029.jpg
[会員特典]

訪日観光客用のガイドブックに宿泊施設掲載

訪日旅行客専用の当法人ガイドブックに宿泊施設を無償掲載。

iRIS用リキッドの割引制度

ノンタール・ノンニコチンのiRISリキッド、10mlリキッド・15mlリキッドが卸価格で購入可能。
 

 

201721805648.jpg 20172180850.jpg

20172172341.jpg

 

ボランティア民泊加盟に関するお問い合せ


 

201729155414.jpg

禁煙推進事業部が開発・国内外に推進する「次世代型電子タバコiRIS」は、ノンタール・ノンニコチンの電子タバコであり、煙は水蒸気のため有害な副流煙は発生しません。

リキッドフレーバーを蒸気化して水蒸気を吸引する電子タバコは、紙巻たばこよりも有害性が約95%低いことが英国保健省の調査により判明しており、禁煙支援ツールとしても注目を集めています。その電子タバコが「禁煙補助医薬品」として、英国政府の医薬品・医療製品規制庁から正式に認可を受け、すでに英国では2016年1月4日から禁煙治療中の患者に国民健康保険で処方されています。

電子タバコは、約210万人の英国成人が利用しており、その3分の1は元喫煙者であることが判明済みです。英国の例を鑑みたとき、わが国においても次世代型電子タバコiRISが広く普及することにより、iRIS利用者3分の1が禁煙に成功する可能性があります。それは毎年増え続ける40兆円を超える医療費の抑圧につながります。

このことを裏付けるように英国内科医師会が2016年4月28日付で発表した報告書には、「公衆衛生のためには、英国内における喫煙の代わりとして電子タバコを広く促進していくべきだ」と報告しています。

英国内科医師会の報告書では、紙巻たばこから電子タバコへ切り替えることにより、数百万人もの生命を救う可能性があるとも示唆しています。英国では毎年、およそ12万2,000人が喫煙によって死亡しています。これは英国における全死亡数の6分の1以上に相当する数です。

2017220193223.jpg
20172180850.jpg

20172172341.jpg



 

ボランティア民泊

ボランティア民泊加盟に関するお問い合せ



2017216112745.jpg


2017228102045.jpg

「ボランティア民泊」とは、厚生労働省所管の健康増進法に基づいて、国内外に電子タバコを普及させる民間主体の禁煙推進活動です。ソーシャルビジネスとして禁煙推進事業の一環として、無償で本活動に賛同する訪日外国人等に対して宿泊施設を提供することです。



【ボランティア民泊の理念】
賛助会員は、電子タバコ普及活動・禁煙推進活動に対する寄付の対価として、電子タバコ「iRIS」を宿泊者にお渡しして頂くことになります。iRISを受け取った方が喫煙者の場合、私たちの行動はそのまま禁煙推進活動につながり、非喫煙者だった場合、iRISをお知り合いの喫煙者の方にお渡しされることで、間接的に禁煙推進活動を行ったことになります。これも立派な禁煙推進活動です。

禁煙推進活動に対する宿泊者からの金銭的な支援だけでなく、宿泊者がiRISを受け取ることで、宿泊者は知らず知らずのうちに禁煙推進活動を担ってくれているのです。これをボランティアシェアリングと私たちは呼んでいます。そこで宿泊者へのボランティア活動の報酬として、宿泊施設を無償提供するのが「ボランティア民泊」の理念です。

ボランティア民泊は、禁煙活動を宿泊者とシェアリングすることで禁煙推進のボランティア活動を行います。

ボランティアシェアリングといえども、iRISの宣伝塔として宿泊者の人脈を使用するわけですから、本来は金銭的対価を支払うべきところを「無償宿泊」というかたちで対応して頂いています。いわゆる私たちが推進する「ボランティア民泊」は、行政も含めて誰びとも侵すことのできない憲法に保障された、日本国憲法第25条に謳われる人間が人間らしく生きる権利を根拠とした活動です。

世界では年間60万人、国内では年間1万5000人といわれる受動喫煙死を未然に防ぎ、喫煙者から非喫煙者の生存権を守るための活動でもあり、一方で喫煙者が一定の社会関係のなかで、健康で、そして文化的な生活を営む権利を守るための権利(喫煙の権利)を確保するための活動ともいえます。

従いまして宿泊施設を提供されるボランティア民泊施設運営者(ホスト)に関しては、宿泊者へのiRISの無償提供と無償宿泊の提供は「絶対条件」となります。尚、ウェブサイト等を通じて、お支払い頂いた電子タバコ「iRIS」普及活動・禁煙推進活動への寄付金並びに協賛金は、ホスト側にて適切に処理して下さい。

 

地域振興「ボランティア民泊」訪日外国人対象事業者様サポート総合窓口

 

ボランティア民泊加盟に関するお問い合せ


無許可・無届け民泊通報窓口

 


 

2017211113642.jpg

東京オリンピック・パラリンピックと連携したボランティア禁煙推進事業として、当法人のボランティア禁煙推進事業に賛同・協賛された事業者の方には、地元行政のほうに身元確認・ボランティア活動告知も踏まえて「ボランティア民泊宣誓書」を事務総局で取りまとめ、ご提出(届け出)させて頂きますこと何卒ご了承下さい。

ボランティア民泊施設における近隣住民の苦情・クレームに関しては迅速に対応させて頂いておりますのでご安心下さい。また本禁煙推進事業は、無許可民泊対策及び取り締まりにおいても大変有効な成果をあげており、無許可民泊撲滅と同時に商店街の活性化、地域振興等に寄与することができます。

無許可民泊・無届け民泊にお困りの地方自治体様、商店街の活性化・地域振興等にお困りの地方自治体様並びに関係者様は是非とも一般社団法人FAPRAにご相談下さい。必ずご満足頂ける行政成果並びに実績をご提示致します。

 

 

2017322142535.jpg

 

ボランティア民泊の評価・実績

 


TOPページへ

 
ページ上部へ