ホーム>落札価格証明書の発行

落札価格証明書の発行

落札価格証明書の概要

[動産担保という考え方]

私たちFAPRAでは商品価値が比較的高く、また安定資産といわれる美術品や宝飾品において、不明瞭部分をオープンデータ化し、価値の部分を明確にする活動をしています。美術資産データバンク「FAPRA」に一般公開されている美術品及び宝飾品等は、不特定多数の競りによって取引価格が確定した過去の市場相場です。 投資的な意味合いもあることから、美術品及び宝飾品等によっては当時の落札価格よりも価値があるものもあれば、そうでないものもあるかもしれません。

FAPRAの落札価格証明書は「動産担保」という考え方に基づいて発行されます。動産担保とは如何なるものかといえば“土地以外で担保になりえる換金性のある資産”という意味であり、落札価格証明書は融資の際の担保として、融資額を決める際の一定の価値基準を決める証明書ということになります。

なぜFAPRAが動産担保を提唱するのかといえば、それはスイス連邦(以下、スイスと称する)の主要産業の在り方と非常に関連しています。スイスは日本の九州ほどの面積であり、九州の総人口1310万人(2013年8月調査)よりも4割ほど少ない790万人ですが、この国の国際競争力は世界経済フォーラムにて5年連続首位という評価を受けています。スイスの産業は金融業、観光業、製造業が主たる産業であり、資源が少ないわが国によく似ている部分があります。

 

2013925133924.jpg
 国名  スイス連邦(共和国制 永世中立国)
 首都  ベルン
 面積  総計 41,290km2(世界132位)
 積率 3.70%
 人口  総数 7,870,000人(世界93位)
 密度 190人/km2
 GDP  合計 3,127憶ドル(世界35位) 
 個人 42,783ドル
 主要産業  金融業、観光業、製造業
わが国における九州全体のGDPですが、円ベースでは約48兆円であり、これはGDP20位の国家であるベルギー王国と同等の経済規模をもっています。スイス連邦はGDP比較で35位ですが、人口比率を加味すれば、一人当たりの人材価値は九州の2倍はあるといえます。
さてFAPRAが提唱する動産担保はスイスの製造業(精密機械)、いわゆる高級時計の価値、分かりやすくいえば価値の本質そのものにあります。スイス製の高級時計の輸出額は毎年過去最高を更新しています。その理由は一体何にあるのかといえば、国を挙げて取り組んだ「ウォッチバレー政策」にあります。
 
201392514446.jpg

スイスでしか作れない職人の技術の粋を集めた機械式時計に戦略をシフトした結果、つまりスイス製という公的な価値をつけることにより、時計そのものに付加価値がつき、高価であっても市場で正当に評価されたのです。

また正当評価ゆえに値崩れが起こりにくくなり、時間を刻むだけの精密機械が財産性を資するものとなり、裕福層をターゲットに取引が活発になっています。

資産価値の公的証明

FAPRAの落札価格証明書は、今まで融資対象として嫌煙・度外視されてきた美術品や宝飾品の価値が明確化され、 美術品や宝飾品が換金性のある安定資産として位置づけられることによって、所有者が不動産のように担保として金融機関から資金を円滑に借りられるようにすることです。従いまして今後、美術資産データバンク「FAPRA」の普及に伴い、美術品及び宝飾品等の売買のおり、一般消費者がFAPRAのオープンデータを参照し、美術品及び宝飾品等の取引が行われるようになっていくことが推測されます。
 

そうなれば美術資産データバンク「FAPRA」に公開されている美術品及び宝飾品等の落札価格は、わが国の美術市場の取引相場及び公的な美術品指数(アートインデックス)となり、動産担保の確かなる根拠となりえます。一般消費者の皆様には、美術品競売会社(インターネットオークションも含む)での競売履歴があれば、当法人より落札価格証明書を発行致します。

証明書発行後は当法人にて該当作品が登録され、競売で落札された美術品及び宝飾品等の価値をオープンデータ化致します。FAPRA登録美術品はオープンデータとして美術資産価値が明確になっているため、落札価格証明書をもって二次流通及び動産担保のおりの資産価値の証明になりえます。

落札価格証明書の申請方法

 

[落札価格証明申込書]

ご面倒ですが以下より「落札価格証明申請書」をダウンロードし、落札価格証明申請書、オークションでの落札価格を証明する書類、本人確認書類、FAPRA登録料5,000円(普通為替)、登録希望の美術品等にこれらを同封のうえ、事務総局宛てに送付してください。

 

FAPRA事務総局へ送られてきた美術品及び宝飾品等は内容確認・登録審査後(競売履歴、盗難届がだされていないかの確認)、落札価格証明書の発行と同時に美術資産データバンク「FAPRA」に登録致します。登録後は落札価格証明書を同梱の上で着払いにて美術品を返送致します。
※ダウンロードが出来ない方は送付先をご連絡ください。郵送にて申込用紙をご送付させて頂きます。

 

2013101715550.jpg 「落札価格証明書 交付申請書」(PDFデータ:1.00MB)

 

[美術品等送付先]

住所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル23階
一般社団法人FAPRA 「FAPRA」事業部宛
連絡先 TEL 06-6948-5705 FAX 06-6948-5706
メールアドレス info@fapra.or.jp

 

証明書発行に際しての重要なお知らせ

現在、オープンデータバンク「FAPRA」は開発中のため、落札価格証明書の発行は致しておりませんが、流通価格証明書の発行は行っています。流通価格証明書とは「過去の売買履歴」を証明し、作品の流通価格を書面にて一般公開する公的保証書です。

 

GET ADOBE READERこのサービスをご利用になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 


TOPページへ

ページ上部へ