ホーム>流通価格証明書の発行

流通価格証明書の発行

流通価格証明書の概要

[消費者行政の一環としての取り組み]

一般的な悪徳商法といえば、二束三文の商品を高額で売りつける美術品や宝飾品等が代表格です。高額商品がまったく価値がないものとあとから判明し、売り主に返金要請をだしてもクーリングオフ期間がすでに過ぎており「返品ができない」など一般消費者は泣き寝入りすることが現実といえます。いわゆる販売者の売り逃げ(売り得)が行政的にも指摘されています。

FAPRA事業を推進していく業務の一環として、価値が定まらない商品に関して、その作品の売買履歴に基づいた流通価格、もしくは一番最初の価格根拠を提示するのが流通価格証明書です。この証明書が付属している美術品や宝飾品等は当法人が流通価格を保証しており、インターネット販売や店頭販売であれ、価値が定まらない商品に関しては流通価格証明書の付属を義務付けるよう関係省庁と協力をはかっています。
 

20131113174211.jpg

流通価格証明書とは、その作品の「過去の売買履歴」を証明し、作品の流通価格を書面にて一般公開する証明書です。この証明書を発行するためには過去の売買履歴、或いは仕入伝票等の提出が必要となります。

美術品や宝飾品等の動産担保化のためには、美術業界・宝飾業界においては価値の明朗化が絶対必須であると考えています。そのために流通価格証明書が業界に根付く必要があり、法人個人問わずに美術品や宝飾品の取扱いを主とする古物商様の協力が必要不可欠となります。流通価格証明書が業界に根付いたとき、はじめて美術品や宝飾品等の動産担保化は可能となります。

[インターネット市場への対策(一般消費者の保護対策)]

出品者がインターネットオークション会社及びインターネットモールにて美術品や宝飾品等を出品・販売する場合の条件として、現在は古物商免許の取得と独自審査だけで美術品や宝飾品等が出品及び販売できる体制となっています。その結果、購入者が一定期間後に専門鑑定にだした結果、二束三文の価値だったということは少なくありません。現実問題、多数の一般消費者が被害に遭われていることがそのことを物語っています。

返金要請をだしてもクーリングオフ期間がすでに過ぎており、返品ができないなど消費者は泣き寝入りするしか手段はなく、販売者は売り得という状態といえます。つまり申請免許である古物商免許の取得、インターネットオークション会社及びインターネットモールの独自審査だけでは、美術品や宝飾品の悪徳商法を防ぐことはできないのです。そこで考えられたのが流通価格証明書です。不明瞭な美術品・宝飾品に関して流通価格を提示することにより、インターネットオークション等で蔓延る悪徳商法から一般消費者の保護を試みています。

ネット社会である今日、美術品や宝飾品等を出品・販売する場合の条件として、古物市場主であるインターネットオークション会社等が法人個人問わずに出品者に流通価格証明書の付属を義務付ける、もしくは当法人の特別会員になることを義務付ければ、インターネットオークション並びにインターネット通販サイトでの美術品や宝飾品等の悪徳商法はわが国において、大きく減少するものとFAPRAでは考えており、当事務総局ではそれが実現できるよう日々取り組んでいます。

 

流通価格を保証する社団法人発行の公的保証書

FAPRAの流通価格証明書は一般消費者の皆様には販売致しておりません。美術品や宝石商の売買を業とする古物商、個人自営業及び小売企業様のみ購入することができます。この流通価格を保証する流通価格証明書をご希望の方は、販売者にお問い合わせ下さい。場合によっては認知不足の関係から販売者側がFAPRAの流通価格証明書を知らない場合もありますので、FAPRAと一緒に消費者の皆様も流通価格証明書を啓蒙して頂ければ大変有難く存じます。
 

20131113165042.jpg

流通価格証明書(拡大)

「二束三文の価値のないものを掴まされたくない」という一般消費者の確かなる潜在的ニーズに対応するため、流通価格証明書は主に価値の不明瞭な美術品・宝飾品等に関して、その作品の売買履歴、もしくは一番最初の価格根拠を提示するための社団法人発行の公的証明書ともいえます。

消費者が「安心」を考えるとき、美術品や宝飾品の売買を業とする個人自営業及び小売企業・卸企業様に関しては社団法人発行の価値の公的根拠の有無は非常に大きなウェイトを占めるのではないかと考えられます。

流通価格証明書の申請方法

 

[流通価格証明申込書]

ご面倒ですが以下より「流通価格証明申請書」をダウンロードし、流通価格証明申請書、過去の売買履歴を証明する書類、本人確認書類、申請料2,000円(普通為替)、流通価格の公的根拠を要する美術品・宝飾品等にこれらを同封のうえ、事務総局宛てに送付してください。

 

FAPRA事務総局へ送られてきた美術品及び宝飾品等は内容確認・証明審査後(売買履歴、盗難届がだされていないかの確認)、流通価格証明書を同梱の上で着払いにて美術品・宝飾品等を返送致します。
※ダウンロードが出来ない方は送付先をご連絡ください。郵送にて申込用紙をご送付させて頂きます。

 

2013101715550.jpg 「流通価格証明書 交付申請書」(PDFデータ:94.1KB)

 

[美術品等送付先]

住所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル23階
一般社団法人FAPRA 「FAPRA」事業部宛
連絡先 TEL 06-6948-5705 FAX 06-6948-5706
メールアドレス info@fapra.or.jp

 

GET ADOBE READERこのサービスをご利用になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 


TOPページへ

ページ上部へ