ホーム>シングルマザーマーク制度

シングルマザーマーク制度

シングルマザーマーク制度のお知らせ

201733104432.jpg
2017330161248.jpg201733015594.jpg2017330155913.jpg

 

2017330143650.jpg

日本の貧困は見えないところで広がっています。内閣府の調査では子どもの相対的貧困率は90年台から上昇傾向を示し、2012年には16.3%まで上昇。これはOECDの調査によると先進国30カ国のうち4番目に高い数字です。「相対的貧困率」とは、所得の中央値の半分を下回っている人の割合です。主に途上国で起きている食料・生活必需品を購入するためのお金がない「絶対的貧困」とは異なりますが、そのダメージは同レベルとされます。

シングルマザーマーク制度(通称:Sマーク)は、社会福祉六法の一つである「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に基づいて、母子家庭・父子家庭の生活の安定と向上のために必要な措置を講じている事業者、支援及び応援を表明している事業者等を一般社団法人FAPRAが認定し、社会・行政・消費者に対してシングルマザー応援企業である旨を示すシングルマザーマークを付与し、事業活動に関して有益になるようシングルマザーマークの使用を認める制度です。


 

201733014371.jpg

母子及び父子並びに寡婦福祉に関して、国の行政機関においては、「母子福祉法」(昭和39年7月1日法律第129号)が制定されてきましたが、平成28年6月3日に「母子及び父子並びに寡婦福祉法」として改正(平成15年法律第63号)されました。

一方、民間部門における母子及び父子並びに寡婦福祉に関しては、社会情勢や価値観の多様化に伴い、とりわけ母子家庭においては一般家庭と比べて所得格差が広がり、経済的に苦しむ母子家庭が増えています。日本のシングルマザーは就労意欲が高く、実際に8割が働いています。しかし正規雇用で働く人は約4割で、厚生労働省の「全国母子家庭世帯等調査(平成23年度)」によると、シングルマザーの平均就労所得は約180万円にとどまります。

このような現状において、早期に実施が可能であり、実効性のあるシングルマザーとその子どもたちへの支援のための方策の実施が求められてきたところから、また国連が定めた「持続可能な開発のための2030アジェンダ(通称:SDGs)」の一つとして、一般社団法人FAPRAでは、有力企業経営者並びに有識者の指導を受けて、シングルマザーマーク制度を平成29年4月1日に創設・運用を開始しました。

わが国では、相対的貧困の連鎖をなくすためにシングルマザーとその子どもたちへの支援、とりわけ社会全体での教育支援が強く求められています。シングルマザーマーク制度は、社会問題となっている母子家庭の相対的貧困問題の解決のため、マザーズHELPs運動に賛同される事業者を「シングルマザー応援企業」と認定し、その証としてシングルマザーマークの使用を認める制度であり、次の目的を持っています。

【主な目的】
【1】シングルマザーマークの見える化により、母子家庭の相対的貧困に関する消費者の支援意識の向上を図ること
【2】母子家庭への支援を推進することにより、社会的な信用を得るためのインセンティブを事業者に与えること
【3】日本企業が経済連携活動として無理なく、
国連合意のSDGsへの参加を速やかに図ること


 

201731816258.jpg



開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、国連持続可能な開発サミット[別窓]が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」(日本語|外務省仮訳PDF が採択されました。
 

私たちは「世界を変えるための17の目標」のうち 5目標 を共有しています。

 

2017318161741.png 2017318161741.png 2017318161741.png 2017318161741.png 2017318161741.png


 

2017330144047.jpg

名刺に印字、パンフレットへの印字、商品や食品等のパッケージへの印字、領収書印字等により、認定事業者が「社会的責任を果たしている企業」としてのイメージアップ、サービスの差別化(選択の優位性)につながります。

 

使用例.名刺  使用例.タグ及びラベル
201742134258.jpg 201742134623.jpg

 

使用例.クーポン券及び広告
201742135715.jpg

 

使用例.パンフレット
201742135352.jpg


シングルマザーマーク制度へ戻る
 

2017330144113.jpg

シングルマザーマーク制度の趣旨に従い、ロゴデザインには次のような意味をもたせています。

まず「シングルマザーとその子どものハートイメージ」を真円で囲むことにより、FAPRA認証のシングルマザー応援企業が彼女たちの「擁護者(トリビューン)」として、シングルマザーとその子どもたちの経済的自立支援イメージを視覚的に表現しています。次に「シングルマザーとその子どもたちを応援しています」という具体的なキャッチフレーズにより、企業の社会的責任を明示し、一般消費者に分かりやすく伝わるようにしています。

【日本語ロゴ】

201742134223.jpg
 

2017331129.jpg
 

【英語ロゴ】

201742181916.jpg


※ シングルマザーマークは申込後、事務総局から企業事にメールにて送らせて頂きます。

 

シングルマザーマーク制度へ戻る

 

2017330145421.jpg

 

制度名称 認証期間 認証条件 認定特典
シングルマザーマーク制度 1年間更新型 マザーズHELPsに賛同

シングルマザーマーク付与により、企業の社会的責任を果たすとともに企業ブランドイメージが構築されます。


[申込方法]

シングルマザー応援企業認定のお申込みは、下記よりお申込み下さい。
折り返し担当者からご連絡を差し上げます。
 

認定注意事項

1.認定企業として「社名」等をWeb掲載致しますのでご留意下さい。

2.相互認証のため、プレスリリース等にシングルマザー応援企業に認定された旨の記載をお願いしております。


 


 

201733017714.jpg
 

シングルマザーマーク制度へ戻る


 


TOPページへ

ページ上部へ